和装でもブライダルエステ

和装(白無垢)でもブライダルエステが必要な2つの理由とは!?

ブライダルシェービング人気サロン|白無垢(和装)

 

和装(白無垢、色打掛等)で結婚式を挙げられる花嫁が、一番気になるのは「うなじのムダ毛」ですよね。

 

和装は、ドレスなどに比べて背中や二の腕が出ない分、余計なブライダルエステは不要ですが、最低限うなじのムダ毛処理はされることをオススメします。

 

普段はあまり気にならないうなじですが、うなじのムダ毛を整えることで和装を着たときの仕上がりがぐっと良くなります。

 

白無垢(和装)で受けるべきブライダルエステ必要な施術は2つ!

 

一生に一度の結婚式は、最高の自分で当日を迎えたいと思いませんか?
白無垢(和装)で結婚式を挙げる時に必要なブライダルエステをご紹介いたします!

 

 

うなじのムダ毛

着物を着つける時、えり抜きといってうなじを見せるための行程があります。
”うなじをみせる”ということが着付けの基本となるほど、和装のうなじにはこだわりがあるのが日本の歴史でもあるのです。

 

ウェディングドレスと比べ露出が少ない和装ですが、だからこそ少ない露出の中で見えるうなじはムダ毛の処理が必須と言えます。
せっかくの和装も産毛がびっしりと生えたうなじでは、美しさも魅力も半減してしまいます。

 

髪が短い方の場合でも、伝統的な和装の場合はかつらを使用して髪を結いますので、髪が短いからと言ってうなじのムダ毛処理を怠ることはできません。

 

自分で処理することが難しいうなじのムダ毛処理は、ブライダルエステで施術を受けることがおすすめです。

 

フェイシャルエステで美肌対策

 

和装の際にケアをしたい部分は、お顔です。
お顔は体などに比べて普段からお手入れを行っている方が多いと思いますが、それでも肌トラブルなどの肌の悩みを抱えていませんか?

  • 化粧が浮いてしまう…
  • 顔がテカってしまう…
  • 化粧のノリが悪い…
  • 肌荒れを隠せない…

など、お顔のトラブルは様々。
そんなトラブルを抱えたまま、思い出に残る一生に一度の結婚式を迎えたくはないですよね。

 

ブライダルエステなら、そんな花嫁様の様々な悩みに合わせたプランを提案し、自信をもって結婚式当日を迎えッラえるようサポートしてくれます。
自宅ではできないケアで長年悩んでいた肌トラブルも解決できるかもしれません。
結婚式を機会に、肌を見直してみてもよいですね!

 

 

自宅でうなじをシェービングする時の正しい剃り方!

うなじのムダ毛処理を自分でする場合には、正しい方法で行いましょう。
間違った処理をしてしまうと、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうリスクがありますので自宅でうなじをシェービングをする際のポイントと注意点をご紹介します。

 

うなじのシェービングには何を使う?

ブライダルシェービング人気サロン|ムダ毛処理の方法

 

うなじのシェービングをする際には、電気シェーバーかカミソリ、または除毛クリームなどを使用します。
それぞれの使い方と注意点はなんでしょうか?

 

シェーバーを使ったシェービング

 

電気シェーバーにもボディ用、顔用と種類があり、うなじのシェービングには顔用のシェーバーを使うことがおすすめです。
顔用の電気シェーバーは細い毛を剃るための設計になっていますので、間違って髪をそってしまうリスクを減らすことが出来ます。
また、肌を切ってしまわない様ガードがついていますので、肌を傷つけてしまう心配も少なく、安全にうなじのシェービングを行うことが出来ます

 

ただし、毛質が硬い、太い、濃い場合にはうまく剃ることができない、深剃りが出来ないために毛穴が目立ってしまうというデメリットもあります。

 

カミソリを使ったシェービング

カミソリを使用する場合は、ヘッドが小さめの顔用、ビキニライン用のものを使用します。
ムダ毛を根元から処理できるため、毛穴が目立ちにくく美しくシェービングすることが可能です。

 

しかし、深剃りしすぎて肌までもそぎ落としてしまう場合があるので、肌を傷めてしまい、カミソリ負けや炎症を起こしてしまうなどの失敗もしやすいので丁寧に、そして注意深く処理する必要があります。

 

除毛クリームを使ったシェービング

剃るのではなく、除毛クリームでうなじのムダ毛を処理することもできます。
塗って流すだけの簡単な手順なので、短時間で手軽に行えます。

 

しかし、うなじは直接見ることが出来ない位置ですので、誤って髪の毛の部分にも塗ってしまった場合、大切な髪までも処理してしまいます。
また、うなじ周辺の皮膚は柔らかくデリケートは皮膚なので、かぶれなど起こしてしまう場合もあり、除毛クリームを使っても問題がないか事前にチェックをする必要があります。

 

うなじのシェービングは自分でやらない方がいい!?

ブライダルシェービング人気サロン|自宅でうなじのムダ毛処理

 

自宅でうなじをシェービングする方法をご紹介しましたが、うなじは直接見ることが出来ない部分なので、自分で行うのはおすすめできません
うなじのシェービングは式の直前に行うことがほとんどなので、形がいびつになってしまった、肌が荒れてしまったなどの失敗してしまっても挙式当日までに元通りにすることが出来ません

 

そのようなリスクを踏まえると自宅でシェービングをする場合には、家族や友人など、誰かに手伝ってもらうのが最良です。

白無垢を着る花嫁のうなじ処理はシェービングサロンに行くべき!

ブライダルシェービング人気サロン|白無垢ならサロンでのシェービングがおすすめ!

 

実は、ブライダルシェービングだけであれば安い料金で施術を受けることができます。

 

サロンや理容室(床屋)にもよりますが、ブライダルシェービングは4000円程度で受けることができます。
ドレスの場合には背中やデコルテ、腕などもシェービングをするため少々高くなりますが、白無垢(和装)の場合にはお顔、うなじのみになるので、サロンによっては3000円かからず施術を受けることもできます。

 

前撮りやお試しシェービングがある場合でも、2回施術を受ければよいので、6000〜8000円程度の予算で十分です。

 

 

ブライダルエステは予算的に厳しいという方でも、白無垢を着るならばうなじ処理は必須です。

 

1度きりの結婚式で後悔しないためにも、自宅ケアではなくサロンや理容室へ通われてみてはいかがでしょうか?

 

>>ブライダルシェービングで人気のサロンを見てみる

和装(白無垢)でもブライダルエステが必要な2つの理由とは!?関連ページ

お手頃価格のブライダルエステ
ブライダルエステを受けたいけれど、値段が高くて受けられないという人も多いようです。ですが、ブライダルエステサロンの中にはお手頃な価格で受けられるブライダルエステもあります。
ブライダル前の自宅ケア
結婚式を控えているときはブライダルエステにも通いますが、自宅でのケアも丁寧に行っていきましょう。自宅ケアをじっくりと行うことで、肌は一ケ月もあれば生まれ変わることができます。
自宅でのケア
自宅でシェービングを行っている人も多いのではないでしょうか。もちろんブライダルシェービングをサロンで受けるのと自宅でカミソリで剃るのでは仕上がりや持ちなども違ってきますが、日常的なケアを自宅でするのがおすすめです。
脱毛サロンで脱毛
挙式の前には腕や背中のムダ毛が気になりますよね。背中は露出する機会も少ないのでブライダルエステのシェービングで良いと思われる方は多いと思いますが、腕やワキなど日頃から露出することが多い部分は脱毛したいなと思われる方も多いのではないでしょうか。
ブライダルエステとデトックス
ブライダルエステには痩身コースがあり、細見になりたい女性に人気のプランです。痩身コースでは老廃物を排出するデトックス効果もあります。
ブライダルシェービングは成人式の人も受けられる!?
ブライダルシェービングときくと結婚式用のイメージですが、もちろん、振袖を着る成人式でもご利用いただけます!一生に一度の二十歳の姿をより美しい姿で残しませんか?